穀雨の曇天プラッギング

強烈な低気圧が通過した直後、僕らはマズメから風裏に入ってみた。
先ずはヒラスズキが居ないかな?と瀬際をチェック。
ずいぶん釣っていないからね・・・。
すると数投目、足下でいきなり引ったくられた。

何だか浮いてこないな…と思いたら、この子は5kg弱のヤズでした。
フムフム、どうやらこの風で回り込んでいるようだ。
同行のタコヤキはすかさずポッピング攻略。
程なくして良さそうな型のヒラスを掛ける!が、残念ながらこれはフック・オフ・・・。

僕もタックルを持ちかえて、今度はトビペン18cmを曳いてみる。と、これまた直ぐに反応あり。
同サイズのヤズを追加した。

しばらく頑張って丁寧なジャークを繰り返していると、脳裏に浮かぶのはやはり…「ヒラス来い!」

「ヒラス、ヒラス、ヒラス来い…」

「ドゥボッ!」

「来たっ!」

ピックアップ寸前の恐怖!次の瞬間、秒殺で足元へリフトアップ(笑)
・・・ラッキーでした。

小さいけど何故か嬉しいのがヒラスです。カッコいいです。
その後ヨカペン3ozに替えてバイト多発。一時は、祭りか?とも思われたが・・・

8時、満潮を迎えてからは反応も途絶え、9時過ぎに磯を後にした。

ブーツ200/ヨカペン3oz/シーフロッグ120/サーフェスクルーザー200/トビペン18

ヒラ〜ス、来ちゃった。

朝3時半起床。これ書いてる時点でザーナ眠い。
今朝はタコヤキとサウスショアへ。波高1.5mの予報だが、シケマンが来ているらしく、絶好のサラシが足元から払い出していた。
磯際をworks175で舐めるも反応は無かった。

続いて潮表を沖目から続投。すると何やら黄色い尾びれがチェイス!

「うぉー!タコちゃん!居るぞー!」

一度ペンシルに替えてスローにスプラッシング。反応をみつつ、すかさず、というか早くもジギングスタート!
しかし反応は早かった。
2打目、二回目のフォール、完全ボトムからの5シャクリ目でガコンッ!

来ちゃった!

プラグでないのがちょっと悔しいが、来ちゃった!

「せめて5kg」「されど5kg」・・・と言っていたら、5kgジャストが来た!

久々の雄叫びヒッシュ。
いいじゃないか、5kgあれば。

そこからの沈黙はなかなかの苦悩ではあった。
それでも2人、お昼近くまで頑張りました。

ただ帰りは辛い。分かってはいるんだが…、当分来なくていい感じ。
…毎度、そう思う。

二人してコーラをラッパ吹きながらの帰路。
ただ、飲み干す頃にはこう宣うのだ。

「来週凪ったらまた行くべ(笑)」

飽くなき妄想はつづく…

・タコちゃん>帰ってからうちのジイジが測ったら6kgあったらすい。

ムムム。

夜明け。地でヒラスやってみたが、ダメでしたの。
またしてもあの人にやれれてしまったさ(笑)
オレにヒラスは釣れんのさ。

せっかく来たから、イカ釣って帰ったさ。

平常営業

今朝は余裕のAM6:30出航。



もう明けました。おめでとう・・・。

今日は鴨島に乗ってみた。
とりあえず磯に上がれば落ち着く。
まあ、ヒラスが食ってくれるにこしたことはないが・・・。

しっかしキンナゴおらん。
何処へ行ってしまったのでしょうか・・・。

たまたま通りかかった幼子を引っ掛ける。

モジャコやん!犯罪やん!


「養殖したらヒラスにならんだろうか?」
と、ブツブツ宣いながらリリース。

そして雨粒と共に去りぬ。

寒〜っ!!

ほとんど乾かない(洗濯指数)

なんと4週連続で同じ磯というしつこいオレ。
今日はマイコーと。
AM4:00発にもかかわらず、残念ながら上物の先行が二名あり。
地の釣り師は早いね〜。そして自虐的だ。
じんわりと夜が明けゆく中、先行の邪魔にならないとこから早速シャクり始めた。
潮はタラリ、というよりはマッタリといった感じ。
相変わらず沖でセイルが跳ねているナ。
今朝は5匹くらいの群れ。
コマセが効いてるのか、足下にも魚っ気は濃厚。
ベイトはイワシっぽい。
まったくもって釣れそ〜な雰囲気だ。
所謂「ヤバイ」雰囲気。
マイコーも力(リキ)む。
ハッスルし過ぎで先行の餌師とお祭り騒ぎ(笑)


ゴメンナサイ。

突如、オレに小さなカツオが掛かったけど、直ぐに外れた。
しばらくしてボトムであたるが、これも乗んない。
うーんプンプン匂います。
さらに中層でガツンと!

ん?いい中りだったんだけど…寄ってくる…。

コイツでした。

直後マイコーにもシイラちゃんがヒッツ!
しかしこれは残念ながらブレイク。

マイコー心折れる。
「ヒラに行きませう」と駄々を捏ねだす。
仕方なくここは10時で上がるとした。

ふぅ〜っ!ヒラス、またダメでした。。。

しかしいったい何なのだ!?この風。波。
急激な天候悪化。

車で大きく移動。マイコーの一押しヒラポイントへ。
ところが先行あり。
これがパールマンだったりした。
聞くと、数投しかしてないが、あまりよろしくないとのこと。
それでもどうしてもココが気になるマイコーが単独潜入することに。
我々二人、それを車から眺める。
20分後、期待を裏切らず戻ってきた。

怪しい海況だ。嫌なパターン。
次のポイントに三人で散らばるも、うんともすんとも…。

さて、車に戻って作戦会議だ。
半ば諦め、駐車スペースでダラ〜ンとやってると、一台の車が近づいて停まる…。

な、なにっ!?シ、シケマンッ!?

何故かシケマン登場!


シケ meets マイコー(笑)

おいおいおいお〜い!何コソコソしてんだよ、まったくヨ〜。
だいたいいつ来たんだ!?キモイぞ!!(笑)
どうやら朝から島へ渡ってたらしいが、まさかのノーバイツ!だそう。
プハッ!そりゃきっと抜け駆けしてっからだよ!

その後は「何釣るか〜?」とかいいながら、ダラダラ〜っと何故かカサゴで締る。

なんだかね。。。

Restriction

西〜北西4〜5m。
今朝は満潮11時半という上げで完全ヒラス狙い。
まさみね師匠と10時までシャクリ倒してきた。

一昨日の赤崎鼻ではなんともやるせない思いを残した二人。ここ数週間、二人ともヒラゴは掛けとるんであるが、せめて3キロ!と、珍しく真剣に通っている。

何故、今ヒラマサなのか…。
そんな事は分からん。
ただ、どうしても一本獲りたいだけ。

夜明け前に磯に這い出る。西風が強く足下はサラシている。瀬際を一通りチェックした後、海面を掻き回してみる。・・・無反応。
小雨混じり、曇天の空がゆっくりと明けてくる。
はぐれシイラが単発で海遊してくるも、無視される。タックルを持ちかえ、じっくりとひたすらにジグる。先ずは僕に来た。中層で心地よい中り。が、浮かす程にプルプル感が漂う。
で、これはスマだった。

コイツの背後に同サイズのヒラスがついてくる。完全に狙っている(笑)
この獰猛さもいい。あまりに小さいが、二人の活性を上げるには十分だった。

地磯で、しかも朝の一発狙い。この制約が逆に良い集中力を生むみたい。けっこう頑張ったよ。
あっという間に時は過ぎ、早くも終了時間が迫る。
ずっと走ってた潮が徐々に緩く湧き返している。すごく良い。思わず「これ、釣れるねぇ!」と顔を見合わせる。当然シャクリにも力が入るのだが、ついにタイムアウト。渋々片付けに入るとする。
ロッドをまとめていると…

「来たっ!」と、まさみね。

見るとバットからぶち曲がっている。最後についに来た!
すかさずギャフを手に駆け寄る。浮いてきた魚が瀬際で反転。

「ををっ!ヒラスやん!」

更に猛スピードで突っ込む。と、次の瞬間、フッ!と抜けてしまう。

幾秒かの空白。いや〜っ、痛い。
それでもシャクる。めげずにシャクリ続けるまさみね。

そしてついに…

「また来た〜っ!」

「よっしゃ〜っ!」

3kg弱だが、やはりヒラスはヒラス!
何なんだろう、この精悍さ。

いや〜、羨ましい。今回はクウル完敗。
次、頑張るよ!

七分袖

午前5時。ステイメン師匠に二度目の電話を入れる。やっと出てくれてホッとする。
「もしもし…起きましたか?」
「ハフッ…サッキョキタイマイク」
「ん?あ、はい。とりあえず待ってます。」

さあ、初めての体験だ。ステイ師匠と日曜の朝から一緒に釣りするなんて今までなかった。
まず、朝が起きれないらしいのだ。釣り師としては致命的だが、キャラ的には申し分ないだろう。
数分後眠気眼で登場した師匠。真っ赤なTシャツだ。外見と中身のこのギャップはいったい?・・・
腕毛が逆立っているようなので「寒くはないですか?」と聞くと、「ハフッ」と言った。

なんじゃそら・・・。

道具を積み込みいざ磯へ向かう。
どう見ても寒そうにしてるので、こっちが気になる。ヒーターを入れる。
と、急に元気になる師匠。言葉も流暢になり、マイコーの話題で盛り上がり、涙を流すくらい笑っている。
腕毛の毛足がやっとなじんできたところで磯への入り口に到着。
四駆に切り替えて道無き道を更に車は突っ込んでいく。
ふと師匠を見ると、アレレ!?…ブルーな顔しとる。完全にひいている。
「ど、どがんしたと?」・・・「ん?…なんかこの先大丈夫かなと思ってね。うん。」・・・
そう、師匠は高所恐怖症。どうやら行く末の断崖絶壁を想像してブルーになっているっぽい。エ〜!?まさか今更帰ろうなんて・・・。あり得るから怖い。とりあえずかける言葉が見つからないのでスルー。強引に凸凹道を突っ走る。

準備を済ませ、「ちょっと様子見てきますから」と、断崖の上から釣り場を見下ろす。
師匠も気になったようで、後ろからついて来て様子を伺っている。
すると、ちょっとした小岩の上でツルッと滑る師匠。え〜!?まだ磯じゃないのに大丈夫かな〜?
で、磯を覗くと釣り場にはなんと先行あり。悩んだ末、別の磯への移動を決める。
「いけますか?」
「ん?ん〜、まあ、大丈夫じゃろ。。。」
少し引き返し、大瀬崎へ。途中、展望所で脱糞する師匠。こ、こんなとこで・・・急いでください!(笑)
無事うんこを放出し、駐車場到着。こっちは空いてた。
遊歩道を降りていく。師匠は未だ顔色が悪い。なにしろ様相から違う。
いつもならカッパの袖を七分まで捲っている師匠。常に釣りには全力で取り組むのだ!
今朝ははまだ下ろしたままである。これはめずらしい。
あまりに元気が無いので、大声で「元気ですか〜!」と、オレ。
すると「ハフッ!」という。な、なんじゃそれは?・・・
意味が分からないまま更に道を進み、20分で釣り場へ到着。

朝一は緩い潮が足下にあたっており、凄く釣れそう。
早速シャクリ初めると中層で何か掛かった。が、すぐに外れる。
師匠もシャクる。ロケーションに触発され、完全復活だ。
ところが時間を追う毎に潮目も遠退き、立神沖を南西方向に本流が走りだす。最悪のパターン。
ある程度サーチした後でオレは早めに釣果を諦め、師匠が巻き起こすであろう事件に備え、集中する。
突然、500mほど沖で巨大な水柱が上がる。すぐに師匠に伝える。
更に2体の巨魚が派手にジャンプ!バレンだ!
師匠、興奮を隠せない。「ウワ〜ッ!ス、スゲー!」
更に何度も跳ねる。2mは楽にありそう。
「かっこいい!」
断然やる気が出てくれて遂に師匠は袖を捲った。
で、でたっ!七部袖だ!根気強くジグを沈めていく師匠。
ところがジグが軽く、どうしてもスローな釣りになっている。しかもピラピラフォールのジグ。
ただ、これは仕方ない。タックルもままならないまま半ば強引に連れてきた感もある。
ただ、あいつが来ちゃうよ。そう思った矢先にヒット!

師匠はおそらく何が掛かったのか気付いてない(笑)
魚を回そうと必死に斜面を駆け下がっていく。かっこいい!磯ならではのスリリングなファイト。
たぶん魚が分からんので習慣的にヒラのファイトをしとる(笑)・・・おもろい。
ロッドを張らず慎重に根をかわす。
常に高い所から傍観しているオレには赤い魚が丸見え(笑)・・・師匠は真剣。
赤いのが見えたにせよ、おそらく「アカハタじゃね?」くらいのモチベーション。
そしてブリアゲル。すかさず師匠の表情に注目する。

師匠、魚の口元に異物を発見。・・・凝視。・・・二本のヒゲを確認。・・・顔歪む。

ん〜、いい顔だ(笑)

オレ「ウワ〜ッ、スゲーっ!やりましたね〜っ!」

師匠、またブルー入るが、すぐに復活。
午前10時。「帰りましょう」と伺い立てるも、「最後(11時)まで粘ろう!」と、前向きな判断。もちろん尊重する。
メーター位のメスシイラが足下に単発海遊。ジグをくわえるも掛からず。
潮は相変らずタルタル。11時、磯を後にした。

片付けて車に乗り込み帰路に向かう。

「ハフッ…」
「な、なんなんすか?そのハフッってやつ!」
「あ〜、これ?これはアクビだよ。」
「…。」

アクビだったんだ。。。

雨脚は強まり、肌寒い午後となった。