6月23日(金)

朝から落としダモ作りのラストワーク。
昨晩はおかとも宅に厄介になりました。さてと、ジュニアたちを学校、保育園へ見送り二人で作業開始です。
ホームセンターと釣り具屋をまわって不足材料を調達、ああじゃないこうじゃないと言いながらも下準備は完璧で案外あっさり片付いちゃいました。出発まで余裕があるので裏山を散策などしての〜んびり、また〜りと過ごすのであります。
おか邸は山の中に在るので辺りはケモノの臭いがぷんぷんします。猪や狸、狐やイタチと、いろんなもんが出てくるとです。

昼飯にはお袋さん特製の辛口カレーをご馳走になり(激ウマ)、13時に松本君と平戸で合流。そのまま買い出しへ出かけてビール、飲料水等を大量購入した後、タックルを積み込みいよいよ出発です!
車で6時間近くかけて九州縦断の旅。道中、マリオ氏を拾って計四名で鹿児島へ向かうでごわす。
そう、恒例の『吐喝喇(トカラ)還り』でございます。

遠足気分の車内は退屈しないし快適。大雨を想定して早めの出発だったが、運転に影響するような激しい降雨もなく19時過ぎには無事到着。ファミレスで飯食ってから鹿児島本港南埠頭へ入る。


二年ぶりのフェリー「としま」はやっぱフェリー「としま」でした。

待合室は一般客にまじりGTアングラーや底師で賑わう。今回は第二陣トビウオ掬いツアーの方々も同船のようです。

22時、ついに乗船します。船内では宮崎からサーフマン杉田氏、郡山よっすぃ〜氏らと遭遇。よく逢うな〜(笑)

休憩室で乾杯してると先発の小宝島組から早速のキャッチ情報が舞い込んできた。
『たった今25kgサイズが3連発!』というなんともおいしい本人からの電話。決して麻婆情報ではございません。

「眠れないよ…まったく…」

とめどない妄想に包まれつつも毛布にもぐりこんだけど、わりと熟睡できたみたい。
十島村の玄関口、口之島への入港時刻午前5時過ぎ、目が覚めるとそこは夏でしたな。

続いて見えてくるのが我々の目指す中之島。

さてさて・・・

go slow


週末留守します。
三日も島を離れるとなるとなかなかいろんな意味で気が引けるんであるが…
まぁ、アレですよ
いつものフィッシング・トリップってやつですわ
許してやってください。
できるだけ、可能な限り、エスケープ出来ることを望んでおります

『追伸』
情報的にちょっと遅れましたがシケマンが七里にてマグロをプッチンしました(笑)ニャハ