ムムム。

夜明け。地でヒラスやってみたが、ダメでしたの。
またしてもあの人にやれれてしまったさ(笑)
オレにヒラスは釣れんのさ。

せっかく来たから、イカ釣って帰ったさ。

平常営業

今朝は余裕のAM6:30出航。



もう明けました。おめでとう・・・。

今日は鴨島に乗ってみた。
とりあえず磯に上がれば落ち着く。
まあ、ヒラスが食ってくれるにこしたことはないが・・・。

しっかしキンナゴおらん。
何処へ行ってしまったのでしょうか・・・。

たまたま通りかかった幼子を引っ掛ける。

モジャコやん!犯罪やん!


「養殖したらヒラスにならんだろうか?」
と、ブツブツ宣いながらリリース。

そして雨粒と共に去りぬ。

寒〜っ!!

ほとんど乾かない(洗濯指数)

なんと4週連続で同じ磯というしつこいオレ。
今日はマイコーと。
AM4:00発にもかかわらず、残念ながら上物の先行が二名あり。
地の釣り師は早いね〜。そして自虐的だ。
じんわりと夜が明けゆく中、先行の邪魔にならないとこから早速シャクり始めた。
潮はタラリ、というよりはマッタリといった感じ。
相変わらず沖でセイルが跳ねているナ。
今朝は5匹くらいの群れ。
コマセが効いてるのか、足下にも魚っ気は濃厚。
ベイトはイワシっぽい。
まったくもって釣れそ〜な雰囲気だ。
所謂「ヤバイ」雰囲気。
マイコーも力(リキ)む。
ハッスルし過ぎで先行の餌師とお祭り騒ぎ(笑)


ゴメンナサイ。

突如、オレに小さなカツオが掛かったけど、直ぐに外れた。
しばらくしてボトムであたるが、これも乗んない。
うーんプンプン匂います。
さらに中層でガツンと!

ん?いい中りだったんだけど…寄ってくる…。

コイツでした。

直後マイコーにもシイラちゃんがヒッツ!
しかしこれは残念ながらブレイク。

マイコー心折れる。
「ヒラに行きませう」と駄々を捏ねだす。
仕方なくここは10時で上がるとした。

ふぅ〜っ!ヒラス、またダメでした。。。

しかしいったい何なのだ!?この風。波。
急激な天候悪化。

車で大きく移動。マイコーの一押しヒラポイントへ。
ところが先行あり。
これがパールマンだったりした。
聞くと、数投しかしてないが、あまりよろしくないとのこと。
それでもどうしてもココが気になるマイコーが単独潜入することに。
我々二人、それを車から眺める。
20分後、期待を裏切らず戻ってきた。

怪しい海況だ。嫌なパターン。
次のポイントに三人で散らばるも、うんともすんとも…。

さて、車に戻って作戦会議だ。
半ば諦め、駐車スペースでダラ〜ンとやってると、一台の車が近づいて停まる…。

な、なにっ!?シ、シケマンッ!?

何故かシケマン登場!


シケ meets マイコー(笑)

おいおいおいお〜い!何コソコソしてんだよ、まったくヨ〜。
だいたいいつ来たんだ!?キモイぞ!!(笑)
どうやら朝から島へ渡ってたらしいが、まさかのノーバイツ!だそう。
プハッ!そりゃきっと抜け駆けしてっからだよ!

その後は「何釣るか〜?」とかいいながら、ダラダラ〜っと何故かカサゴで締る。

なんだかね。。。

Restriction

西〜北西4〜5m。
今朝は満潮11時半という上げで完全ヒラス狙い。
まさみね師匠と10時までシャクリ倒してきた。

一昨日の赤崎鼻ではなんともやるせない思いを残した二人。ここ数週間、二人ともヒラゴは掛けとるんであるが、せめて3キロ!と、珍しく真剣に通っている。

何故、今ヒラマサなのか…。
そんな事は分からん。
ただ、どうしても一本獲りたいだけ。

夜明け前に磯に這い出る。西風が強く足下はサラシている。瀬際を一通りチェックした後、海面を掻き回してみる。・・・無反応。
小雨混じり、曇天の空がゆっくりと明けてくる。
はぐれシイラが単発で海遊してくるも、無視される。タックルを持ちかえ、じっくりとひたすらにジグる。先ずは僕に来た。中層で心地よい中り。が、浮かす程にプルプル感が漂う。
で、これはスマだった。

コイツの背後に同サイズのヒラスがついてくる。完全に狙っている(笑)
この獰猛さもいい。あまりに小さいが、二人の活性を上げるには十分だった。

地磯で、しかも朝の一発狙い。この制約が逆に良い集中力を生むみたい。けっこう頑張ったよ。
あっという間に時は過ぎ、早くも終了時間が迫る。
ずっと走ってた潮が徐々に緩く湧き返している。すごく良い。思わず「これ、釣れるねぇ!」と顔を見合わせる。当然シャクリにも力が入るのだが、ついにタイムアウト。渋々片付けに入るとする。
ロッドをまとめていると…

「来たっ!」と、まさみね。

見るとバットからぶち曲がっている。最後についに来た!
すかさずギャフを手に駆け寄る。浮いてきた魚が瀬際で反転。

「ををっ!ヒラスやん!」

更に猛スピードで突っ込む。と、次の瞬間、フッ!と抜けてしまう。

幾秒かの空白。いや〜っ、痛い。
それでもシャクる。めげずにシャクリ続けるまさみね。

そしてついに…

「また来た〜っ!」

「よっしゃ〜っ!」

3kg弱だが、やはりヒラスはヒラス!
何なんだろう、この精悍さ。

いや〜、羨ましい。今回はクウル完敗。
次、頑張るよ!