Come Round Again

海が好きな人は進化の最先端をいってるのだそうだ。というのは、陸上に適応した哺乳類の中で一部は鯨類として海へ戻り、残った霊長類の中から人類は進化した。体毛薄く、皮下脂肪が発達し、また産まれた直後から泳ぐことができるなど、水辺の生活に適応しているとされる。つまり、鯨たちに遅れて海に戻ろうとしたサルが人類だというのだ。
そう、前々から薄々感じでいた。釣師は海へ戻ろうとしているのだ。

No tags for this post.

コメント