スッキリしないメデタイ夜

ここんとこの北西風でキンナゴ入ってるんでね?ってんで行ってきました。数年前パールマンと発見したあの状態である。バホバホなんだけど食わないんだコレが!
結局口使ってくれたのはタートルヘッド14gメルティーニンフの組み合わせでした。

でもなんか違うなあ・・・、何か・・。

色んなもん投げたんだけどなあ・・・

明晩はキンナゴたちが半分に減ってくれていますように!

そう願って今日のところは寝るっ!
明日考えよっと!

最後に来たのはまあまあ良型。でもまだデカイのいるんだよな〜っ。

Let’s HATANPING!

今宵はこっちエリアへ。
paguくんも誘って、性懲りもなく鯵。なのだが、アイヤ〜細いぬぇー。

サバがきて、アジがきて。鬼カブト。メバル。

みんなお子様。
そんな中、タコヤキくんに事件魚がヒット!
「ん!?何じゃこりゃ…」

ドラグを鳴らしたのは小さなマダイだった。
とりあえず事件発生に沸く。

風が出てきたので移動してみる。が、ここもまさかの豆アジ。
さらに移動。風つおい。

製氷倉庫を風防にキャストを初めると何やら黒い影がチェイス。

「ヤベッ!なんか居る!」

なかなかアグレッシブに追ってくる捕食者。が、乗んない。
そんな中、最初にフックアップに持ち込んだのはタコヤキくん。

「な、何じゃこりゃ〜!?」

尋常じゃない奇声に駆け寄ってみる。足元に横たわっていたのは…

「キャ〜!カワイイ〜!」・・・三人でハモってみました。

いいのか?いいのか?こんなんで!…いいんじゃボケ!
…そんなアウトロー的な葛藤を抱えながらも、その後ハタンポ祭りに突入!
めくるめくハタンポ。

オレはこの釣りをハタンピングと名付けたのだった。

尺アジを求め更に移動。

んムムム、アジ、細い。
壁を這わしたら子メバが1尾のみ。

「ヤバい!このままはヤバい!」・・・とか言いながらフェードアウト撤収。

只今、エリアCの時期作戦をgoogle earth上で模索中。

朝っぱらから頑張ってしゃくってしゃくって。。
しばらくして小さな鯛が釣れたので、「これは!」と、しゃくってしゃくって。。
何もおこりませんでしたが。。なにか?(笑)